ベビーフォトをプレゼント

妹が出産する事になったので、その為に色々とお手伝いをする事になりました。すると産後は何かと大変で写真を撮っている暇がないので、赤ちゃんを撮り続けて欲しいと言われました。生まれた直後から一ヶ月間撮り続けたくさんの写真が出来ました。そしてベビーフォトをプレゼントしたいと思ったので、取って置きのショットを集め、印刷を専門としている通販サイトの業者に送り、とても素敵なベビーフォトが完成しました。それを妹にプレゼントするとさっそくフレームを買ってリビングに飾ってくれました。その写真を見ているだけで、どんなに育児や家事が忙しく大変であっても頑張れるそうです。それを聞いて、お手伝いする事が出来て良かったなと思えました。誕生日や初節句等さまざまなイベントで素敵な一日になる様に、よりいい物を作りたいなと思っています。

可愛い瞬間をベビーフォトで残しましょう

赤ちゃんが誕生すると、お母さんもお父さんも大変な忙しい日々を送ることになりますが、一日一日日々成長し変わっていく様子に癒されるでしょう。ほんとうに、赤ちゃんは見ていて飽きません。起きて泣いている時は大変ですが、にこにこ笑ったりすやすや眠ったり、その様子をただ見ているだけで時の経つのを忘れてしまいます。その瞬間を切り取りたいと思ってカメラを構えてたくさんの写真や動画を残されている方も多いでしょう。でも節目の日には、やはり正式な形でも残してあげたいですね。個室完備のベビーフォトスタジオもありますし、小さい子の写真を撮り慣れているカメラマンなら、ぐずって泣く子供の対応もばっちりしてくれます。完成したアルバムは、まるで書籍化と思えるような設えにもできますし、お子様のよい記念また想い出になります。成人されるその日まで、たくさんの想い出とともにベビーフォトも残してあげましょう。

通販で購入したベビーフォトアルバム

息子が産まれた時に、通販で写真がたくさん収められる、ベビーフォトアルバムを購入しました。いつも使い慣れているポケットタイプではなく、好きな位置に写真をのせ、ベリベリとフィルムをめくるタイプの物です。どうしてもアルバムが重くなるので、そのタイプは敬遠していましたが、ある芸能人がブログで、子供のエコー写真などをそのアルバムで保管しているのを見て、これだったら、写真以外の物も一緒にメモリーとして残せるので、真似をして購入してみました。使ってみると、エコー写真はもちろん、動物園へ行った時のチケットや、月齢ごとの息子へのメッセージなども保管でき、メモリーがたくさん残せるアルバムになりました。台紙も増やせるので、一歳半くらいまで、そこにたくさん収納できます。気に入った写真は大きいサイズに焼くこともでき、なかなか使い勝手が良いです。