どのようなiphoneケースの素材があるのか

iPhoneユーザーの多くは機種をダメージから防ぐためにiphoneケースをつけています。iphoneケースといえば100円ショップやバラエティショップなどのリーズナブルなものから、ハイブランドから出ている数万円のものまで様々です。デザインはもちろんのこと、素材の種類もたくさんあります。それぞれの素材によってメリットとデメリットがあり、iPhoneユーザーはお気に入りの素材のものを使っている人が多いです。流通している量が多いのはプラスチックとシリコンの2種類ですが、それらは比較的リーズナブルで売られている種類も多いためです。他にもアルミやポリウレタン、レザー、はたまた変わり種だと芝生のようなものやファーのモコモコした素材のものなどがあります。

リーズナブルで使い勝手のいい素材

iphoneケースの素材の中で、2.3000円程度でお気に入りのデザインがあり、かつ使いやすい素材なのがプラスチックとシリコンです。これらの素材のカバーはかなりたくさん種類が販売されており、全体の8割程度を占めています。プラスチックのメリットとしては軽くて薄く持ち歩きがしやすいことや、熱に強いことが挙げられます。デメリットは強い衝撃にはあまり強くなく、落としたりすると割れることがあります。シリコンのメリットとしては触り心地が柔らかくて好きな人が多いことや、落とした時の衝撃にも強いです。デメリットとしてはちょっとした汚れがつきやすかったり、プラスチックに比べると重いことが挙げられます。また、夏場は少しバッグなどから取り出しにくいこともあります。

こだわり派が使っている素材とは

プラスチックやシリコン以外の素材だと、クールな雰囲気のアルミやポリウレタン、またレザーなどのおしゃれなものがあります。これらは先ほどの2つの素材に比べると少し高いものが多く、5000円以上がメインです。ただし、どれも耐久性が高いのでスマートフォンを変えた時にカバーを買い換えればよほどのことがない限りは買い換える必要はありません。1番耐久性を求める人にはポリウレタン、クールなスタイリッシュさを求めるならアルミ、使い込んで雰囲気を出したい人にはレザーがオススメです。どちらかというとメンズっぽさを感じる素材ですが、女性が使っていてもかっこよくて素敵です。キャラクターものや可愛らしいものがあまり得意ではないという人には是非オススメです。買う時には手にとってみてから買うのがいいでしょう。

大型電化製品店・大型雑貨店にて各種スマートフォンケースをとり揃えております。(店舗により異なる)Yahoo!ウォレット決済利用でTポイントゲット! スマートフォンケースとお揃いの持ち運べるモバイルバッテリー。バッテリー残量確認可能な液晶モニター搭載 3D印刷・全面印刷用熱転写機械の販売もしています。 ゴールド・シルバーなど箔押しのメタリックプリントでiPhoneを美しくキラキラ輝かせたい女性に! iphoneケースの種類が豊富なコラボーンがオススメ